胸郭出口症候群奮闘記

胸郭出口症候群と戦っている方の力になれば・・・

一か月検診以来のM大学病院

ってことで、M大学病院にいってきました。初診受付をして出てきた受付表をよく見たら、前回受診日が20年前の生後一か月の検診だったのです(笑)それもちょうど20年ぴったし!!!ちょっと感動でした!でもこんな形で受診しているのが悲しいかな・・・

 

今回紹介された教授の先生がなんと休みだったので医員といわれる代わりの先生の受診でした・・・タイミング悪いなーその医員の先生もTOSのことはほぼ???って感じだったので、違う日にもう一回来てもらってゆういつ私の住んでいる県でTOSの手術をしている助教授の先生の診察を受けてほしいと言われ、次の週に受診しました。

 

受診の結果...「まだ20歳やんなー異常な骨や変形している骨がないでなー今すぐはいっ手術ってなって痛い思いするのはいややろ?」って言われそのときは手術は考えてなったので首を縦にふって「とりあえず3か月.6か月.9か月.一年ってな感じで様子見て行って症状が進行悪化してきて、もう自分には手術しかないって思ったら造影検査してやろうか!今はリハビリで様子見てこか!まだ若いでリハビリで治ってく可能性が高いでな」と言われリハビリのメニューの紙をもらい一か月後に予約をして終わりました。

 

それをかかりつけ医に報告...「はぁ?造影検査もしてくれへんのかっ!M大学じゃあかんか?」って・・・えっ?いやーここがあかんかったら何処が....

 

投稿日H26/9/15