胸郭出口症候群奮闘記

胸郭出口症候群と戦っている方の力になれば・・・

MRI

神経内科を受診して、肘部管症候群の可能性とのことでわけのわからない病名がまた増えてしまってますますテンションがた落ち...

 

受診して数日後、某総合病院の整形の先生から電話がかかってきて、右肩のMRIをとらしてほしいと言われ行きました。

まあ撮ってもそんな進展はないだろうと思いながらとりに行きました。

ス、スゲーさすが総合病院MRIの規模がかかりつけのところと比べ物にならない大きさ・・・クラクラ...金属のめっちゃ重たそうな扉を開けて撮影開始!音もす、すごい^^;

撮影が終わり結果待ち・・・結果は明らかな異常ななしでした。ですよねー

その結果をかかりつけの先生に報告ーもうあそこの病院に行かんくてもいいにといわれ次に、私の住んでいる県ゆういつの大学病院に行って見やへんかといわれ紹介状を書いて貰いました。あと一回某総合病院に行く予約があったのでその時に大学病院行くことを伝えたら、じゃー僕からも紹介状出しとくわって言ってもらって神経伝達検査とMRIのデータをもらい終了!!

投稿日H26/9/14